妊娠中の女性は、葉酸の必要摂取量が2倍になる理由を細かく説明

妊娠中の女性は、葉酸の必要摂取量が2倍になります。そのため、葉酸が不足しやすくなるので通常より多く摂取する事が望ましいのです。特にダイエットなどは葉酸不足になりやすいため胎児に悪い影響を与える事があります。

 

葉酸が何のために必要なのかというと赤ちゃんの脳や神経を作る大切な栄養素で妊娠初期が細胞分裂が一番活発な時期なのです。この時期に、葉酸が不足すると無脳症などのリスクが高まると言われているため初期の葉酸の摂取は非常に大切な事なのです。

 

葉酸が多く含まれる食品は、植物の緑の葉の部分に含まれるので、ホウレンソウ、ブロッコリー、春菊、アスパラガス、白菜、レタス、カリフラワー、そのほかにも、夏ミカン、イチゴ、大豆、ソラマメ、納豆などにも多く含まれています。

 

厚生労働省からは、食品からの摂取の他にサプリメントからの摂取も追加で勧めています。食品の中に含まれる葉酸は、熱に弱い上に水溶性なので調理の際に50パーセント分解されてしまいます。また、吸収率もサプリメントの葉酸の方が25パーセント高いと言われているためです。