妊娠中ももちろんのこと、妊娠前の女性にもいい葉酸サプリの効果を徹底紹介!

妊娠中に葉酸サプリを飲んでいました。葉酸というのを知ったのは、妊娠してからです。産院の看護師さんに葉酸サプリなど飲んだらいいよオススメされ、ドラッグストアに探しに行きました。いろいろな種類の葉酸サプリがありましたが、私は葉酸にプラス鉄分やビタミン類など何種類か入っているのベルタ葉酸サプリを選びました。

 

味はお菓子みたいな甘くて飲みやすい味で、水などで飲む必要もなくとても飲みやすく続けやすい感じでした。飲み方の説明を見てみると、妊娠中ももちろんのこと、妊娠前の女性にもいいと書いてありました。妊娠するための前準備で飲むことなど、実際そのとき初めて知りました。

 

世の女性の中で、葉酸といえば妊娠中に子供のために飲むという認識が多いと思います。しかし、葉酸はどの時期の女性にもいい栄養素です。サプリを妊娠中ずっと飲んでいて、何がどうよかったのか変わったのか、すぐさま効果がでたわけではありませんが、元気な赤ちゃんが無事生まれてきて飲んでいてよかったなと思っています。次回の妊娠に向けて、また飲み続けてみようかなと思っています。

 

葉酸サプリの効果

葉酸サプリを実際に飲んで、私が感じた効果を書いていきます。個人の感想になりますので、実際の効果を保証するものではないことを、ご了承ください。結果から言いますと、妊娠しました。次に、私が飲んだ期間や飲み方について、詳しく書いていきます。

 

私が葉酸サプリを初めて飲んだのは、結婚して三年目でした。なかなか赤ちゃんを授からず、かといって病院に行く勇気もまだありません。そんなときに、授かる方法をインターネットで検索して、出てきたのが葉酸サプリでした。

 

葉酸は野菜にも含まれているので、半量でいいだろう、と勝手な判断で少なめに飲んでいました。うっかり飲み忘れる日もありました。なかなか授からないことに苛立って、飲むのをやめた月もありました。そんな飲み方で一年ほど経ったころ、なんと妊娠することができました。

 

私の飲み方はあまりに適当だったのですが、葉酸サプリの効果で授かったのでは、と信じています。今は二人目が欲しくなったので、また葉酸サプリを飲み始めています。結果はまだでていませんが、できるといいなと思っています。

 

葉酸サプリは必須です

葉酸を積極的に摂取するということは妊娠をしたい人、妊娠初期の人にとってすでに当たり前のことになりました。葉酸を過度にとりすぎてしまうということだけには注意しなければなりませんが、適量の葉酸を摂取することは胎児の神経管閉鎖障害のリスクを大きく低減させるという大きなメリットを享受することができるからです。

 

神経管閉鎖障害は胎児にとって致命的な障害であることから世界の多くの国で葉酸の積極的な摂取が推奨されていることからも効果は明らかであるといっていいでしょう。もちろん、葉酸を摂取することによる副作用やデメリットを思われるものは皆無であるというわけではありませんが、メリットとデメリットを比較するとメリットが大きい場合には摂取をためらう必要は少ないのです。

 

もし、副作用などを心配して葉酸を摂取しないでおけば、もしかすればそのことで後ほど大きな後悔をしなければならないような事態になるかもしれないと考えておくべきでしょう。

妊娠中の葉酸

葉酸という言葉を初めて耳にしたのは妊娠中でした。妊婦には葉酸が大切だという記事を見て、マタニティ用品を扱っているお店で葉酸キャンディを買いました。お値段は割りと高かったのですが、味は美味しかったのでこれなら続けられると思いしばらく食べてました。

 

葉酸のサプリも考えたのですが病院に確認してからじゃないと飲めないで、取り合えずでキャンディにしました。そんな頃、助産師さんとお話をする機会があって何気なく葉酸の話題が出てきたのでキャンディのことを話しました。

 

助産師さんは、「キャンディでは葉酸は分解されてしまう可能性があるのであまり意味がないかも」と教えて下さいました。それに、サプリも特に飲む必要がないと。葉酸は普段の食事を普通にしていればちゃんと摂取できているとの事で、神経質になる必要はないようです。

 

お話を聞けてとても気持ちが楽になりました。妊娠中は不安な事が多いのでついさまざまな情報を鵜呑みにしてしまい、敏感になってしまいがちです。不安なことや疑問があったら、情報よりも専門家である医師や助産師さんに聞いてみるべきだと思いました。ちなみにその後、無事元気な男の子を出産いたしました!

 

赤ちゃんのために

赤ちゃんがほしいと考えるようになってから葉酸について調べました。たくさんの種類の葉酸サプリからどのサプリが良いか、赤ちゃんのためにより良いサプリをと思いいろいろと比べました。そして、妊活中から飲んだ方が良いと聞き、妊娠前から飲んでいました。

 

本人が妊娠に気づく前の妊娠超初期から病院で妊娠が確定するまでの間が一番葉酸が必要だと聞いたからです。そして、もちろん妊娠中も飲みました。食事から一日に必要な葉酸が取れているのか心配だったので、サプリを飲む事で安心する事ができました。

 

友人は妊娠中の途中で葉酸サプリを飲む事をやめたそうですが、私は少しでも赤ちゃんが健康に産まれてきてほしいという思いがあったので、飲み続けました。そして、授乳中の今でも飲み続けています。

 

栄養をしっかり取って、赤ちゃんにたくさん母乳を飲んでほしいからです。もしかしたら、もう飲まなくても問題ないのかも知れませんが、少しでも良い栄養と安心のためにこれからも飲み続けるつもりです。

 

なじみのなかった葉酸だけど

葉酸という言葉はほとんど縁がありませんでした。娘が妊娠中に、葉酸のサプリを飲んでいるとのことでした。聞くと、産婦人科で推奨されているというので驚きました。数十年前に自分が妊娠中にはそんな話は全くなかったからです。

 

調べると、妊娠初期の胎児の神経系の発達や妊婦自身にもに非常に重要だそうです。そうならそうなのかな、子育て関連では昔と今は全く違うとは伝え聞くので、聞き流していました。現実に生まれた孫はすくすく元気だし良かったと思います。

 

その後も娘が葉酸の重要性を訴えます。どうやら妊娠中のみならず、葉酸が不足すると、鬱病や下痢他の欠乏による症状が出るとのことです。店頭に行くと確かに葉酸含有を謳った商品も多く出ています。

 

サプリ以外で、食物では字の通り、葉物にたくさん含まれているようです。思えば葉物は少々調理下ごしらえに手間がかかることで、控えめになっていたと自覚します。まずは、日常の食事つくりに、葉物を今までよりも多く取り入れようと思っています。